自動車保険 等級継承

自動車保険の保険料をできるだけ安く抑える方法について、ポイントを絞りご紹介しています。補償内容の見直しはもちろん、車を複数台所持しているケースなどさまざまな状況に合わせた例をお伝えしています。

自動車保険の保険料をできるだけ安く抑える方法について、ポイントを絞りご紹介しています。補償内容の見直しはもちろん、車を複数台所持しているケースなどさまざまな状況に合わせた例をお伝えしています。

自動車保険 保険料 抑える

車を運転する方なら誰でも入っている自動車保険。通常、自動車保険は一年ごとに更新されていきます。毎年更新の時期になると補償内容などを吟味し、そのままの状況で保険を契約するか、追加で補償を加えるか、はたまた他の自動車保険会社へ変更されることもあるはず。

多くの方は自動車保険の会社選びのポイントに保険料の安さを挙げます。このページでは補償内容、保険会社による違いなども含め、総合的に自動車保険の見直しについてお伝えしようと思います。

保険料は各契約者の状況によって変わるもの。保険期間中に事故を起こして保険を使えば、次の更新時から保険料は上がります。無事故をずっと続けていると、その分割引されていきますが、この指標となるのがノンフリート等級制度。ノンフリート等級制度は契約者の事故歴により等級を決めていく制度で、保険料金の査定に大きな影響を与えます。

ノンフリート等級が高いほど保険料は安くなり、事故を起こしても保険を使わなければ翌年以降、1等級ずつ等級が上がっていきます。一度下がってしまった等級を上げるには無事故期間を続けるしかありません。ですから、保険料金を下げるためには等級を早く上げることを考えるのではなく、補償内容の見直しなど、他の方法で金額を下げられないかを吟味していく必要があるのです。

年齢条件と運転者の範囲を見直す

所持している車を運転する人間の年齢条件、運転する者の範囲を指定すると保険料を安くすることができます。年齢条件というのは、車を運転する方の年齢条件をある年齢条件に限定するだけ。指定した年齢以外の方は除外されるので、その分保険料を安く抑えることができます。

ここで注意していただきたいのが、年齢条件を指定したからといっても別居している未婚の子供、友人などは年齢にかかわらず補償の対象となります。

年齢条件の範囲外でも補償される人がいる?

先程お伝えしたとおり、年齢条件を指定しても別居している未婚の子供や友人は補償されます。実は、年齢条件の設定では運転者を誰にするかで変わってくるのです。

・運転者を本人または配偶者までにする→本人、配偶者の若い方の年齢に年齢条件を合わせる。
・運転者を家族(同居親族や別居の未婚の子供を含む)に限定→本人、配偶者および同居親族の中で最も若い人の年齢に年齢条件を合わせる。

運転者限定なしにしても、本人と配偶者、および同居親族の中でもっとも若い人の年齢に年齢条件を合わせることになります。ということは、別居でも未婚の子供であれば、友人が運転する場合は年齢条件は関係なく補償を受けられるということです。これは覚えておくと良いでしょう。

条件変更はいつでもできる

自動車保険の年齢条件は更新のときだけではなく、いつでも変更することが可能です。例えば対象年齢の子供が誕生日を迎えた時に年齢条件を変更すれば、すでに支払った保険料の返金を受けることもできるのです。

逆に、結婚して別居した子供と同居することになった場合、同居する子供の年齢に合わせて補償内容を見直す必要もあるので、このことは覚えておいてください。

このように、いつでも変更できる年齢条件は簡単で便利ですが、その区分などは各保険会社によって変わってくるので、事前に調べておきましょう。設定のやり方によっては補償されない人がでたりします。事故後の対応サービスも含め、hikaku検討してみてください。

車両保険を見直す

車両保険をつけることでも保険料を抑えることができます。車両保険では補償する事故の範囲を指定することで保険料を抑えます。種類としては「一般車両保険」と「車対車+限定A」の2つがあり、「車対車+限定A」では車以外との接触、当て逃げなどは補償されません。車対車+限定Aは補償は一定のもので良いと考える方におすすめの車両保険です。

また、免責金額を上げて保険料を安く抑えるということもできます。免責金額を高くするほど保険料は安くなりますので、事故の損害を自分で負担してもいいと考えるなら免責金額を変更するといいでしょう。

車両保険とは

車両保険は車の修理代など補償するためのもので、以下のような時に補償が受けられます。

・車と車の衝突、接触で車が傷ついた
・火災での車の損傷
・物が飛んできて傷がついた
・車庫入れ失敗で傷がついた
・当て逃げされた


これらの補償は「一般車両」の場合に補償されるもので、「車対車+限定A」では補償の対象にはなりません。補償される金額にも状況により違ってきて、全損と分損に分けられ、分損では修理代から自己負担額を差し引いた分が支払われます。

自動車保険の各保険の加入率

車両保険→43.5%
対人賠償保険→74.1%
対物賠償保険→74.2%
搭乗者傷害保険→29.3%
人身傷害保険→68.0%


自動車保険の各保険の加入率は上記の通り。この中で車両保険の加入率は低いですが、車両保険は高級車や新車で加入率が高いです。その理由は高級車だと修理代が高くなりがちなこと、新車なら車両保険をつけるメリットが大きいので加入率が高くなる傾向にあります。また、新車の場合は全損すると、車は無いのにローンだけが残るということもあります。そんな万が一の時のためにも車両保険は重要なのです。

新車や高級車とは逆に、10年以降経過したの中古車になると車両保険の必要性は低くなります。一般的に車の価値は10年で無くなると言われています。貯金が多い方も修理費は自分で支払いできるでしょう。それも含めて車両保険の有無を考えてみてください。

その他の補償内容見直し

特約がないか調べてみる

セールスマンに勧められたまま自動車保険の契約をしていると、もしかしたら不要な特約がついているかもしれません。今一度、どのような特約がついているかを確認してみましょう。

特約を確認するには契約のしおりや約款を調べることになるのですが、約款などは専門用語ばかりで知らないところもでてきます。そういう時には遠慮なく保険会社へ電話しましょう。コールセンターのオペレーターが丁寧に答えてくれるはずですから。

2台以上契約している場合の補償内容

2台以上車を所持し、契約している方はセカンドカー割引を使えば保険料の割引制度が受けられます。一台目の車の補償を2台目の車の補償に当てられる場合もあるので、2台以上契約している方は重複するものがないかを調べてみてください。

ファミリーバイク特約や人身傷害補償保険、弁護士費用等補償特約などは重複しやすい補償です。それだけでなく、記名被保険者以外で配偶者や同居親族などでも補償が重複していないか調べてみてください。

一方を解約する場合は、片方の車を手放す際の補償内容には気をつける必要があります。例えば一台目の車を手放すことで、2台目の補償が無くなるといったこともあえます。いずれか一台にのみ付けている特約は、もう一度付け直す必要があります。

補償内容を見直す時期は?

自動車保険の補償内容を見直す時期は、何も更新時だけではありません。今まで別居していた子供が帰ってきた場合。子供が独立し、家を出ていった時も補償内容を見直すいい時期です。お車を運転する人が増えたり、減ったりした時に見直すようにするといいでしょう。

また、年齢条件で一番若い方が誕生日を迎えるときもいい時期です。契約期間内でも年齢条件は変更することができるので、少しでも保険料を安くしたい方はすぐにでも補償内容を変更しましょう。

ゴールド免許になったときなども、保険会社にもしっかりと伝えておきます。最近はダイレクト型保険が安くなってきています。通販型とも呼ばれているダイレクト型保険。ネットや電話だけで契約することができるので、いい補償内容であれば迷わず変更されるといいかと思います。

自動車保険 等級継承 © 2018