自動車保険 等級継承

自動車保険を解約し、他社へ乗り換える時に注意する点、どこのポイント当てるのかご紹介。他社へ乗り換える際の不具合で取り返しのつかないことになる前に、ぜひ読んでおいてほしいこととは?

自動車保険を解約し、他社へ乗り換える時に注意する点、どこのポイント当てるのかご紹介。他社へ乗り換える際の不具合で取り返しのつかないことになる前に、ぜひ読んでおいてほしいこととは?

自動車保険の途中解約

自分が加入している自動車保険で本当にいいのか?もっと安くできるのではないかと不安に思っている方もいると思います。代理店型の自動車保険に加入していて、営業マンに勧められるまま契約してしまったという方は、特に心配に思うのではないでしょうか。

そんな中、最近流行りのダイレクト型保険の保険料を見てびっくりする方もいるはず。今の自分の保険料との差額に驚いたかもしれません。ですが、いくらダイレクト型保険が安いからといって、すぐに他社へ乗り換えることは止めてください。契約途中で解約してしまうと損をしてしまうこともありえます。

ここでは、他社へ乗り換える際の注意点や途中解約で考えられるデメリットなどご紹介していきます。

自動車保険の途中解約

自動車保険の途中解約(中途更改)というのは、文字通り契約の途中で解約してしまうこと。今の契約を途中で解約してしまうほどのしっかりとした理由があればいいのですが、理由のないまま解約してしまうと後悔してしまうことにもなりかねません。

契約途中でも解約したい理由とは、たとえば新車を購入して、その車にどうしても付けたい特約などがあり、現在の保険会社では対応していない場合などです。ですが、最近は、車両入替があっても、移動承認手続きで条件変更できることもありますので、そこまで深く考える必要もなくなりました。

他に考えられるのが等級の上がるタイミング。契約途中で他社へ乗り換えてしまうと、等級の上がるタイミングが遅くなってしまうのです。すぐに乗り換えるメリットと、途中解約のデメリットを比べ、判断されるといいでしょう。

また、途中解約は「月払いから年払いへ」あるいは「年払いから月払いへ」の変更の際にも利用されますが、得をすることはないのであまりおすすめできることではありません。実際、途中解約して払戻金を受け取るにしても、支払った分の全てをが戻ってくるわけではないのです。

ですから、自動車保険の乗り換えタイミングは、できることなら満期まで待ってから解約することをおすすめします。

 

代理店型からダイレクト型へ乗り換える

一般的に代理店型の損保会社は保険内容が充実していて、補償内容など広く対応してくれます。車両入替のときでも補償内容を見直すだけで、移動承認手続きすれば簡単に契約完了です。

ですが、補償内容は別として、保険料だけで比べてみると、ダイレクト型保険との差は歴然。こんなにも安くなるのかとびっくりされる方もいるでしょう。あなたがもし、代理店型からダイレクト型保険へ乗り換えるというのでしたら、以下の点に注意して乗り換えを行ってください。

 途中解約、任意解約で乗り換える場合は現在の等級が引き継がれる
 現契約の解約日と新規契約の開始日を同日にする
 次契約の開始日からの再スタートで、さらに1年経たないと等級が上がらない


今の保険料とダイレクト型保険の保険料を比べたい場合、ネットで一括見積をしてみるといいでしょう。時間をかけず簡単に見積もりを取ることができます。

乗り換えのタイミングについてもアドバイスがあります。8等級までの等級アップと9等級以上の等級アップでは、アップするスピードに違いがあります。ですので、あなたが8等級よりも低い等級なら満期まで待ったほうが長い目で見るとお得です。

途中解約したときの等級引継ぎ

途中解約した場合でも、現在の等級がそのまま引き継がれます。これは他社の自動車保険へ乗り換える場合でも同じですが、等級の引継ぎができないこともあります。それは、等級ダウン事故を起こしてしまった場合と解約日から次の契約開始日が空いてしまう場合です。

現在契約している期間内に等級ダウン事故を起こしていると、他の保険会社へと等級を引き継げない場合もありますので、事前に確認してみましょう。2回以上事故を起こしている方は乗り換え場難しくなることもありますので注意してください。

満期で解約し、他社へと乗り換える際も、解約日と開始日を同じ日にして、できるだけ間を空けないようにするのがポイントです。

新車購入で他社へ乗り換えるメリットとデメリット

新車を購入した時に自動車保険を乗り換える場合のメリットとデメリットをご紹介。新車購入時に利用しなければもったいない、新車特有の補償や特典というものがあります。うまく利用することで保険料が安くなり、よりよい補償を受けることができます。

新車購入時に利用できる特約には以下のようなものがあります。

新車割引
新車割引は登録した月から25ヶ月間利用することができます。車を購入するのに合わせ、途中解約し新しい契約にすることで3年後の車検の時期まで新車割引を適用できます。保険会社によっては新車割引がない場合もあります。

新価特約
新車が事故などで損害を受け、修理代が車両保険価額の50%を超えると、再購入費用として補償されます。万が一の時にとても役立つ特約です。

新車割引や新価特約は一般的に代理店型のほうが充実しています。ダイレクト型保険で1年補償となるところ、代理店型だと3年間保障を受けることが多いです。全労済の車両保険にも新車割引や新価特約はあります。

新車購入時は条件の見直しだけで、質を落とさず保険料を安くできるチャンス。代理店型だけを考えるのではなく、ネットの一括見積もりサイトも利用してみてください。

長期契約を途中解約したケース

自動車保険を長期契約していて、満期を待たずに途中解約して他社へ乗り換えたら損をする?途中解約してしまっては、長期契約をした効果が薄れますが、長期契約はディーラーや営業マンが積極的に勧めてくる契約。

そんな長期契約を途中で解約するのですから、メリットとデメリットを知っておきましょう。途中解約で他社へと乗り換える時には、以下の点に注意してください。

現契約中に等級ダウン事故をおこしてないか

今契約中の期間内に等級ダウン事故をおこしていませんか?等級ダウン事故をおこしていると、次の契約では保険料が高くなってしまいます。しかも、次の契約を開始した瞬間から。

もし、等級ダウン事故をおこしていた場合は、可能なら満期まで待っていたほうがなにかとお得。等級ダウンの開始時期を伸ばすだけの消極的な考えですが、これも長い目で見ればお得になります。

残りの保険期間は?

残りの契約期間によっては得する場合と損する場合がでてきます。残りの契約期間がどれくらいあるか?その期間分の保険料の差額はいくらか?を比較検討してお得な方を選ぶといいでしょう。

特に長期契約をしている場合は残りの契約期間が長いほど、保険料で損をする割合も大きくなります。月払い契約なら損する度合いも低いのですが、年契約だと途中で解約するとほとんどのケースで損をする幅が大きくなります。

長期契約しているケースでは解約払戻金を含め、総合的に考えて損得を比較してみてください。

次の契約まで期間が空く場合は?

満期で解約し、他社の保険会社へ乗り換える歳、次の保険開始まで期間が空く場合には中断証明書を発行してもらいます。自動車保険の等級は他社へも引き継ぐことができるのですが、次の開始日まで7日以上経過すると、次の契約は新規契約となってしまいます。

それを防止する方法が中断証明書の発行というわけなのです。中断証明書は最大10年間等級を維持することができます。

中断証明書の発行には必要な書類を準備する必要があります。車を廃車する場合。車を譲渡する場合。車を返還する場合に必要となるものですが、保険会社によっては妊娠により中断証明書を発行できることもありますので、うまく利用してみてください。

主な必要書類としては登録事項等証明書、検査記録事項等証明書、譲渡前後の自動車検査証などです。海外渡航の場合は変更手続依頼書が必要になる場合もあります。

自動車保険 等級継承 © 2018