自動車保険 等級継承

自動車保険の等級が下がるケースと保険料の関係についてご紹介しています。無事故の方の等級が下がることはなく、かならずそれなりの理由があります。下がる等級と保険料の関係についても触れています。

自動車保険の等級が下がるケースと保険料の関係についてご紹介しています。無事故の方の等級が下がることはなく、かならずそれなりの理由があります。下がる等級と保険料の関係についても触れています。

自動車保険 等級 下がる

自動車保険の割引制度について詳しく理解していますか?自動車保険の料金制度は複雑で、さまざまな割引制度がからまりあっています。その割引制度について基準になっているのが「等級」。等級というのは、ノンフリート等級制度の等級を適用したもので、1等級から20等級まであり、初めて自動車保険の契約をした時は6等級からはじめることとなります。

等級というのは、契約してから1年間無事故を続けると1等級ずつ上がっていきます。等級が増えていくごとに保険料の割引率も上がっていきますので、等級を下げないことが一番の目的となります。中には等級を下げないためには無事故無違反をつづけなければいけないと思いこんでいる方もいます。それは半分は正解ですが半分は間違っているのです。

無事故無違反の人が等級が下がることはない!というのは当たっていますが、だからといって交通違反や事故を起こしても必ずしも等級が下がることはないのです。事故をおこして警察沙汰になっても、オービスが反応して速度制限違反になったとしても、それが直接的に等級が下がる原因にはならないのです。

では、どうやったら等級が下がるのか?実は等級が下がるかどうかは保険を使って保険金を受け取るかどうかなのです。自動車保険の等級というのは速度制限違反など法的なものではなく、保険を使ったかどうかが基準となります。ちょっとバンパーを擦ってしまた程度では自費でも直せますし、目立つ傷でなければそのままでも大丈夫。自費で直したほうが結果的には安くなることもあります。

保険を使うか使わないかの判断

保険を使うか使わないかが等級の下がる基準だとお伝えしました。軽い事故なら自分で直すほうが、大きな事故で保険を使ったほうが総合的に支出を抑えることができる場合があります。では、その判断基準はどこにあるのか?

例えば、18等級の人が事故をおこして保険を使い、3等級下がったとします。下がった15等級からまた18等級まで上がるには無事故を続けて3年かかることになります。18等級へ戻るまでの3年間は保険を使わなかった時よりも割高の保険料を支払うことになるのです。つまり・・

上がった保険料3年間 - 通常の保険料3年間 = 差額

となり、この差額が小さい場合は保険を使わないほうがよく、差額分より金額が大きければ保険を使ったほうがいいということになります。

例を上げてみます。年間の自動車保険料が10万円、20等級で3等級ダウン事故をおこして保険を使ったとします。この場合、翌年以降の保険料は以下のようになります。

翌年→168,000円(15等級)
2年後→162,000円(16等級)
3年後→157,000円(17等級)
4年後→100,000円(20等級)

となります。保険を使わなかった場合は4年間で400,000円ですが、保険を使った場合は4年間で587,000円になってしまうのえす。その差額は187,000円。

つまり、車の修理代が187,000円以下であれば自費で直したほうがよく、それ以上であれば迷わず保険を使うことがいいということです。この例では18等級でゴールド免許という基準である保険会社の保険料を算出してみました。この例よりも等級が低かったり、年間保険料が10万円以上であればさらに保険料が高くなることになります。

保険料の下がり幅

自動車保険を使用すると等級は下がりますが、等級の下がり方には3つの種類があります。その3種類というのは3等級ダウン事故の「3等級」。1等級ダウン事故の「1等級」。ノーカウント事故の「下がらない」の3種類です。この3つの下がり幅についてご説明させていただきます。

一般的に事故などで保険を使うと3等級ダウンとなります。対物事故だけではなく、対人でも対車でも保険を使うと3等級下がることになります。詳しい事故などは契約書に書いてあるはずなので、細かく知りたい方は保険契約書を読み直してみてください。

もう一つの種類が1等級ダウン事故で、自分に非がない場合の事故となります。たとえばいたずらや落書きなどがそれにあたります。また、自然災害等も1等級ダウンで、盗難も1等級ダウンになります。車を運転していない時の損害と考えるといいでしょう。

ちょっと特別なのが保険を使っても等級ダウンとならないノーカウント事故です。これは特殊なケースになるのですが、保険会社の特約などで保険料を使用しても等級が維持されるケースがあります。例を挙げるとロードサービスなど。ロードサービスは使ってしまっても等級が下がることはありませんし、車内へ鍵を置き忘れた、タイヤがパンクしてしまったなどの場合にロードサービスを使っても等級が下がることはありません。

ただし、自分に非が無くても3等級ダウンになったりする例外もあります。先程、自分に非が無く、運転していない状態で受けた損傷なら等級ダウンは一つと言いましたが、駐車場での当て逃げや、横のボディを傷つけられた場合などは3等級ダウンとなるのです。

さきほどの落書きと同じではないか?と思われるかもしれませんが、自分と保険会社以外の第三者の目から見ても、その損傷が走行中の傷なのか?人為的ないたずらなのかを判断できない場合は3等級ダウンとなってしまうことを覚えておいてください。

この基準に納得行かない場合もあるかもしれませんが、それではあなたは証拠を提出することはできますか?あなたの方こそ思い込みで人為的ないたずらだと判断されていませんか?ちょっと理不尽に感じてしまうこともあるかもしれませんが、保険を払うかどうかは保険会社の調査におまかせするのが一番です。

保険料が上がるタイミングは?

保険料が上がるタイミングは、なにも保険を使ってすぐというわけではありません。翌月から保険料が高くなるということはないのです。

等級がダウンして保険料が高くなるタイミングは、次回の契約更新日からとなります。もし、契約した次の日に事故をおこして保険を使ったとしても、割高の保険料になるのは約一年ごとなるのです。保険を使っても約一年間はそのままの保険料ということですね。事故を起こしてしまったからと、すぐに他の保険会社へ乗り換えても等級は下がります。ごまかしても絶対にばれないので、不正行為はしないように。

例外として事故をおこしても2年以上も下がらないこともあります。それは、長期契約といって3年契約や7年契約などの長い期間まとめて保険料を払っている場合です。長期契約では期間中に事故を起こしても、その契約期間内は等級が変わることはありません。これを利点とするかどうかはあなたの判断次第。毎年契約更新する手間を省くこともできますので、あなたの好みの方を選ばれるとよろしいかと思います。

もう一つの例外として、等級がそのままでも保険料が高くなってしまう場合があります。それが、ゴールド免許で割り引かれている場合になります。ゴールド免許を持っていると優良ドライバーとみなされ、保険料が割り引かれることがあります。その割引が受けられなくなるので等級はそのままでも保険料が高くなってしまうのです。

事故があった場合にまずすることは保険会社へ連絡することです。等級が下がるのが嫌だ!保険を使いたくない!という方でも、事故を起こしてしまった時は保険会社に連絡をしてみましょう。連絡して相談するだけならお金はかかりませんし、電話したからといって、必ず保険を使わなければいけないということはないのです。

保険を使った場合と使わなかった場合の相談や、具体的な保険料を聞いてみるのもいいでしょう。一度相談してみて、それから判断することもいいことだと思います。

自動車保険 等級継承 © 2018